ホーム > クレジットカード現金化 > ショッピング枠現金化について

ショッピング枠現金化について

クレジットカードのショッピング枠現金化は、違法ではありませんが、クレジットカードの会員規約では、換金目的のショッピング枠の利用は禁止されています。ゆえに、会員規約に違反すると、利用停止、もしくは退会、または残債の一括請求が来ます。しかし、そういった対応がなされるのはごく一部であるのが現状です。実際に商品を購入して、うまくカムフラージュされているためです。そのため、換金目的かどうかが判断しずらいからなのです。
クレジットカードの現金化は、2種類存在しています。キャッシュバック式と商品買取り式となります。このうち、キャッシュバック方式では逮捕者が出ています。クレジットカードで、ほぼ無価値なものを購入させ、そこから手数料を差し引いた金額をキャッシュバックするという方法であり、これは高金利の貸し付けとみなされて、出資法違反として逮捕された事例があります。
クレジットカードのショッピング枠を現金化して、お金を手にしたとしても、それはあくまで一時しのぎなのです。実際に、カードで買い物をしているわけですので、カードの引落し日には、決裁した金額が引落としされるようになります。結局は、債務が増えているのです。
しかし、ショッピング枠現金化を行う人は、以前として多いのが現状です。現金化する人のほとんどが、キャッシング枠がいっぱいになった人であり、金銭的に困窮し、かなり最終手段に近い状態で申し込む人が多いからです。債務が増えることもわかっていながら、とりあえず現金が欲しいために利用する方も少なくありません。

http://www.kankin-musume.com/